手軽に振袖レンタル!おすすめサイト比較!

三角の画像
Home > 振袖をレンタルするときのコツ > 振袖を着るのはどんなとき?

振袖を着るのはどんなとき?

振袖を着る代表的な場面として挙げられるのが、成人式です。20歳の新成人たちが艶やかな衣装に身を包む姿は、目にも鮮やかで美しい光景です。
しかしながら、その晴れ着をせっかく作っても、その後は一度も袖を通すことなく、結婚してしまったという方も意外と多いかもしれません。成人式と並んで振袖を着られる機会として挙げられるのが、結婚式や披露宴へ招待されたときです。振袖を招待客として着ることをためらう人もいるようですが、礼装なのでむしろぴったりの場です。
とても格式が高いので、実は結婚式や披露宴で新婦の花嫁衣裳としても着ることもできます。一般的に、振袖は未婚女性の第一礼装と言われています。大事な式典や儀式などの際に独身の女性が着るものとされています。
特に新婦の衣装として着る振袖は、未婚女性として振袖を着られる最後のチャンスになるため、自分の結婚式で着納めするのも素敵なアイデアかもしれません。

他にも利用シーンがあります。例えば結納です。結納は、結婚式の前に正式な結婚の約束を交わす儀式として古くから取り行われている風習です。格式高い形式で行う結納は、新婦になる女性が第一礼装である振袖を着用するのに大変相応しいです。日本古くからの儀式でも、活躍します。ただ、最近では、結納自体を省略して食事会などで顔合わせという形で済ませる方も多いようです。
また、大学や短大などの卒業式の衣装として、振袖に袴の組み合わせは定番です。女性の袴は、明治時代に上流階級の女性が着始めました。その後も女学生のスタンダードなスタイルとして広まっていきました。
振袖の上に袴を着用するため、振袖単体のときとはまた違った凛々しい雰囲気を演出できて人気のあるスタイルです。袴に合わせる振袖は、小振袖というのが一般的ですが、それより格式の高い振袖を着用しても問題ありません。
卒業式のために、わざわざ小振袖を用意する必要はないので自分の手持ちのものを着用すると良いでしょう。

その他、パーティーや祝賀会でも着用できます。洋風スタイルで行われるパーティーではドレスを用いることが多いですが、会場の雰囲気によっては振袖を着ると上品な印象を与え、華やかで喜ばれます。最近では、新年会など和式を重視して行われる式典や、祝賀会などのイベントでも振袖が着られています。
ほとんどのパーティーやイベントに礼服である振袖で参加することは問題ないので、せっかくの振袖、身内で行う小規模なパーティーや、公的なイベントでも気軽に着てみると良いでしょう。
結婚後はタンスの肥やしにしてしまわずに袖の振り部分を切って仕立て直し訪問着として新たに仕立て直す方法もあります。 色合いや柄の付き方にもよりますが、生まれ変わった訪問着は、子供の入学式や卒業式といった式典や、七五三などの節目の儀式など幅広く活躍します。
おめかししたい場や礼装で気を引き締めたい場など袖を通してみるのもよいでしょう。

次の記事へ