手軽に振袖レンタル!おすすめサイト比較!

三角の画像
Home > 振袖をレンタルするときのコツ > 振袖を着こなすには

振袖を着こなすには

着物を着る習慣が多かった以前は若い人も自分で着物を着ることができ、さらには自分に合った着物を探すことができましたが、最近では洋服を着る機会が多くなり、若い人が着物を着ることが少なくなりました。
そのせいか、着物特に女性は成人式や特別な式典、卒業式や入学式などでしか着物を着なくなりました。また、特に振袖となると独身のときにしか着れないというイメージが強く残っており、若い独身の女性が自分で着こなすことは難しくなってきています。
若い女性がいつでも綺麗な着物姿を気軽に楽しむことができるように、今では様々なサービスが提供されています。着物教室や、作法の教室などです。
着物教室はそれぞれ先生が教室を開いていて、その教室伝統の着方から普通の着こなし方を教えてくれますし、着物を着た後の歩き方や仕草などの細かい点までを教えてくれたりする教室もあります。この教室は全国にありますが、教室によって値段は様々です。
また、着物を自分で用意するか、先生が用意するかも違ってきます。

自分で振袖を着こなすために着物教室に通う人も多くいますが、習い事として通うと費用が高くとても手が出ないという人が多くいます。経済的に厳しい若い世代は特に通うのは難しいでしょう。
振袖を上手に着こなすためには一つのコツを押さえれば着こなすことができます。それで、書店で着付けの本やビデオなどを見て覚えることもできます。また、レンタル店でレンタルしたときに、教えてもらうことも可能です。最初は無難にレンタル店などで、一対一のときに教えてもらうというのがいいでしょう。
どのように着物を着せてくれるのかわからないので、少し不安。という人は店によっては電話やメールでの問い合わせを行っているので相談することもできます。
また、店が出しているパンフレットや雑誌などを見て決めることもできます。

振袖の着こなし方は、帯を上手に結べるようになることが必須です。帯結びは一人でするには少し大変な作業ですが、帯を上手に締めることで、着物の姿をより美しく見せることができます。
また、綺麗に丈を合わせ帯を苦しくないように締めることで、細身の綺麗な姿の自分になることができます。もし帯をきつく締め付けすぎると息苦しくなりうまく歩けなかったりします。
また反対にゆる過ぎれば、裾が垂れてきて歩きにくくなるので帯を締めるコツを覚えることはとても大切です。自分で着れるようになるには時間がかかりますが、慣れればすぐに綺麗に着ることができます。